忍者ブログ

帰ってきちゃったモモンガ通信

写真家のどかアンジェリカの「工房 エゾモモンガ」ウェブサイトで連載されていたあのコーナーがまさかの復活!デジタル化の波に乗り遅れた旧世代写真家の試行錯誤は今日も続くのであります。

チノンのカメラストラップ

今日はちょっとした息抜き話。カメラストラップについてのお話であります。


ないと困るけど、いざ買おうとすると気に入ったものがなかなか見つからないのがカメラストラップです。私はカメラは首に提げる流派でありますが、思い起こせばヤングな日々に頸椎を痛めている私にとって首にカメラを下げるのはかなりの苦行であります。


かつてはマミヤC330fという、化け物のような巨大二眼レフを使っていましたが、さすがに首に提げると貧血になる感じでしたから、リュックのショルダーストラップのD環にぶら下げるカタチで胸の前に構えていました。


で、現在。パナソニックGH1にライカ12-60mmズームレンズをつけると結構な重さになりますが、まあ半日ぐらい横浜を散歩する程度なら首に提げてもさほど辛くはないレベルとなっています。


そして私のサブカメラである2台目のGH1(※同じカメラを色違いで2台もっているのだ)には、チノンのAFズームレンズを付けています。これがまた、中途半端に巨大で重く、ライカレンズと変わらない重量感でありますから、それなりに幅広のストラップが欲しいところです。


もともとベルギー製のゲバルトっていうカメラストラップをつけていたのですが、このたび念願かなって、チノンのストラップをゲットしてしまいました。黒地に赤いストライプの入ったもので、すさまじいほどにダサく、言うまでもなくチノンのロゴ入りであります。こんなマニアックなシロモノ(しかも未使用品)をネットオークションに出品する人もどうかと思いますが、それを落札してしまうワタシも正直どうかと思うのですよ。どんだけチノンが好きなんだよっていうね。


チノンのストラップにチノンレンズ。いやあ、いい写真が撮れそうだ。


横浜でチノンのストラップとレンズをつけたGH1を提げて写真を撮ってる美人がいたら、それ、アタシですのでよろしく。最近は疲れているせいかLUMIXのロゴさえもCHINONに見えている・・・ここまでくると、もう、病気です。

拍手[1回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
のどかアンジェリカ
Webサイト:
性別:
女性
職業:
フラメンコ歌手・詩人・写真家
自己紹介:
現在は音楽活動(フラメンコ歌手)がメインとなっておりますが、ライフワークである横浜の写真撮影は続けています。デジタルテクノロジー全般に弱い為、自家カラープリントで苦労しまくりの永遠の34歳。

P R

忍者カウンター