忍者ブログ

帰ってきちゃったモモンガ通信

写真家のどかアンジェリカの「工房 エゾモモンガ」ウェブサイトで連載されていたあのコーナーがまさかの復活!デジタル化の波に乗り遅れた旧世代写真家の試行錯誤は今日も続くのであります。

PX-045Aでの写真印刷

新しいプリンターを買うまでの間、手をこまねいているのもナンですから、いま手元にあるプリンター(エプソンPX-045A)で写真を印刷したらどれぐらいの品質(画質)で上がるのかを見てみることにしました。

PX-045Aは「写真画質」を謳うモデルではなく、ごく平凡な事務用(?)4色インク搭載の廉価プリンターですから、ほとんど期待はしていません。

いずれ本命プリンターEP-50Vを購入した後で比較できるように3枚ほどプリントしてみる。

A4の用紙を縦配置にして、その中央に7インチ×7インチぐらいの正方形でプリントしたいのだけれど、設定がいまいちよくわからない。通常のプリンタードライバーではそういう「面倒な注文」を受け付けてくれないようです。なので仕方なく、用紙の横幅いっぱいに印刷するという方法を取りました。

結果は「まあこんなものかな」という程度。写真プリンターではないにせよ、とりたてて悪い印象はありません。富士フイルムのプリンター用紙「画彩」(かっさい)には、さほど光沢感はありませんが、モノクロ印画紙のRCペーパーと質感が似ている気がして気に入っており、私の基準ペーパーとなっています。

標準のプリンタードライバーを使うと色の再現性はまあまあ良好ですが、どういうわけかPhotoshop Elementsでファイルを開いて印刷するとコントラストが上がりすぎ、そして色がくすんでしまいます。設定をいじる必要があるのですがどこから手をつけたらいいのか見当もつかないヨ。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
のどかアンジェリカ
Webサイト:
性別:
女性
職業:
写真家・フラメンコ歌手・詩人
自己紹介:
現在は写真よりも音楽活動(フラメンコ歌手)がメインとなっておりますが、ライフワークである横浜の写真撮影は続けています。デジタルテクノロジー全般に弱い為、自家カラープリントで苦労しまくりの永遠の34歳。

P R

忍者カウンター