忍者ブログ

帰ってきちゃったモモンガ通信

写真家のどかアンジェリカの「工房 エゾモモンガ」ウェブサイトで連載されていたあのコーナーがまさかの復活!デジタル化の波に乗り遅れた旧世代写真家の試行錯誤は今日も続くのであります。

サブカメラの選定

G7ショック(パナソニックのデジタルカメラ、LUMIX G7が値段の割に満足度が低く、打ちのめされた事件)から立ち直るために、まずは早々にサブカメラを買ってしまうことにしました。適当なカメラを手にして、さっさとG7のことを忘れたい。

サブカメラに求めるのはずばり、1600万画素のスペックであります。あとはバッテリーパックBLC12を使えるもの。そしてG7がそうであったような「剛性感のないもの」は回避したい。私はパナソニックのマイクロフォーサーズ・カメラボディしか眼中にないですから、候補は下記の2機種に絞られました。


LUMIX DMC-G5

 2012年9月発売
 GH2のセンサーを搭載
 BLC12型バッテリー


LUMIX DMC-G6

 2013年6月20日発売
 G5の後継機種
 GH2のセンサー搭載
 動画で240fps対応
 BLC12型バッテリー


正面からの見た目がライカRっぽい(?)G6が格好いいので、とりあえずG6を本命とし、安い機体が見つかればG5でもいいや的な軽い気持ちでネットオークションを覗く日々が続きました。


G6の並品をできれば2万円ぐらいで入手できたらいいな、と思っていたのですが、想定していたよりも価格が高い(並品で2万3千円ぐらい、美品だと2万5千円を超える)。ん?送料を考えたらマップカメラの中古品を買ったほうが良いのではないか?と思いマップカメラを覗いてみると、ちょうど中古良品が22,800円で出ていたので、もうこれでいいやと購入ボタンを押しちゃいました。


マップカメラは中古品の値段が「適正」もしくは「相応」に設定されているし、梱包は丁寧だし、何よりも動作チェックなどがきちんとされていて「ゴミをつかまされる」心配がほとんどないのが有難い。


ポチった2日後、カメラ(LUMIX G6ブラックボディ)が届きました。それなりに使用感はありますがなるほど「良品」であります。レンズを着けて動作をチェックすると問題なさそうな感じです。何よりもG7のギシギシするグリップとは違う、しっかりした剛性感のあるグリップが非常に良いであります。余計なスケベ心を出してG7など買わず、最初からこっちを買えばよかったよ。


ということで紆余曲折を経てパナソニックG6を購入しました。この中古機をサブカメラとし、さまざまな撮影で「常用」できればそれでよいと思います。
参考:パナソニックG6を入手するために手放したカメラ一覧
・パナソニックGH1ブラック(旧メインカメラ)
・パナソニックGH1ゴールド(旧サブカメラ)
・パナソニックG1ブルー(雨の日などに積極的に使う)
・ソニーNEX-6
・ニコン1 V1
・パナソニックG7


今回のカメラ(G6)購入金額が22,800円ということでG7売却益の残高がかなりあります。かねてから欲しいと思っているマクロレンズ(LEICA DG MACRO-ELMARIT 45mm / F2.8 ASPH. / MEGA O.I.S.)を購入する資金としてとっておこうと思います。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
のどかアンジェリカ
Webサイト:
性別:
女性
職業:
フラメンコ歌手・詩人・写真家
自己紹介:
現在は音楽活動(フラメンコ歌手)がメインとなっておりますが、ライフワークである横浜の写真撮影は続けています。デジタルテクノロジー全般に弱い為、自家カラープリントで苦労しまくりの永遠の34歳。

P R

忍者カウンター