忍者ブログ

帰ってきちゃったモモンガ通信

写真家のどかアンジェリカの「工房 エゾモモンガ」ウェブサイトで連載されていたあのコーナーがまさかの復活!デジタル化の波に乗り遅れた旧世代写真家の試行錯誤は今日も続くのであります。

パナソニックG7の導入について振り返る

私は写真活動を再開するにあたり、デジタルカメラをパナソニックGH1からG8に買い換えました。これは結果的には大成功で、G8というカメラの出来の良さにほれぼれしながら毎回使っている状態であります。

ボディ前面にマグネシウム合金を使っているということで若干重たいのですがそのぶん剛性感があり、心地よいシャッターフィールとあわせて実に気分が良いのであります。何しろそれまで使っていたのがマイクロフォーサーズ第一世代(GH1とG1)でしたから、いっきに最新機種へジャンプしたわけで、その感動はいくら強調しても足りないほどです。本当にG8はよくできたカメラだと思います。こんなに気分よく撮影に没頭できるのは本当に嬉しいことです。


その後、いったんはGH1をサブカメラに降格させようと思ったのですが、何しろG8との落差が激しい為に「サブカメラも新調したい」という欲望が湧き出てきました。できればG8と同様の1600万画素で、バッテリーパックをG8と共用できる機種がほしい。


そこで注目したのがG8の前の世代の機種、G7でありました。G7はプラスチックボディ、防塵防滴ではない、ボディ内手振れ補正がないなどG8とくらべるとスペックはガクンと落ちるのですが、そのぶん安く(と言ってもそれなりにする)購入できます。私は半ば衝動買いという感じでG7の中古ボディを購入しました。


で、今日のテーマは、サブカメラとして購入したG7についてのお話であります。


結論から言ってしまうと「G7購入は失敗だったかもしれない」と感じています。かもしれない、などと曖昧な表現を使っていますが、そういうことをわずかでも感じている時点で既に「失敗」なのかもしれません。


失敗と感じる理由は、プラボディに起因するボディ剛性の低さ。加えてG8に較べると圧倒的に劣るシャッターの感触。端的に言えばこの二点にあります。


とりわけグリップ部を握るだけでギシギシと音を立てる、ヤワなプラスティックボディは想定外でありました。


ネット上でのG7の評価はそれなりに高いものがあり、軽量ボディや良質なファインダー、高速AFなどの魅力ゆえに愛用者も多いようです。もちろんネット上のレビューでは「剛性」についてのコメントもあるにはあったのですが、私は「まあ、そうは言っても一般的なレベルだろう」とタカをくくっていたのです。一般的なレベル、というのも曖昧な言い方ですが、要するに神経質な人が気にするぐらいで通常の使用には支障がないレベルだろうと想像していたのです。


しかし実機を撮影に投入してみると、プラスティックボディ(特にグリップ部)のミシミシ、ギシギシ感がハンパではありません。私の常用レンズ、ライカ12-60mmF2.8-4.0やチノン28-70mmF3.5-4.5を着けるとその重さにギリギリ耐えているかのようなグリップ部の「たわむ感じ」が、違和感として右手に不必要なストレスを与えるのです。


もちろん小型軽量のレンズ(ライカ15mmF1.7など)を着けたときはあまり気になりません。中途半端に重たいカメラだな、ぐらいにしか感じない。しかし繰り返しになりますが自分のメインレンズを着けたときのストレスが並大抵ではないのです。ちょっと自分の許容量を超えている感じ。


ハッキリ言って、剛性という意味では古いGH1やG1のほうがはるかに「上」です。


参ったな・・・

それからメカシャッターの感触もG8とは雲泥の差です。G8のシャッターフィールが極上ですので、G7のは「普通」に感じてしまいます。悪くはない。でも、G8には遠く及ばない。というか、G8をいじったあとだと「安っぽく」感じてしまう。


サブカメラとしては(G8をもう1台買う、などという無茶な計画を除けば)現時点では最高の物を買ったはずが、何やら不満の残る結果になってしまったことが、いささかショックであります。決して安くはない買い物だっただけに、ダメージが大きい。


これなら更にひとつ前の世代のG6を買ったほうが安上がりで良かったんじゃないのか、などという気持ちも湧き起こってしまい悲しい気分になるのであります。G6の中古なら2万円台半ばで買えたはずですから、2万円ちかいお金をセーブできたことでしょう。


もしくはもうちょっと待ってから、G8の中古並品を購入しても良かったかもしれない。


G8の出来が良すぎるだけに、G7にも期待したわけですが、G7とG8には大きな隔たりがありました。結論としては私にとってG7は「メインレンズを着けるには剛性不足のカメラ」「シャッターの感触はごく普通のカメラ」ということです。今後はコンパクトで軽いレンズを主に装着して使うということになろうと思いますが、安っぽいシャッターの感触は切るたびにいやな気分になります。


あーあ、やっちまった感がハンパないよ・・・

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
のどかアンジェリカ
Webサイト:
性別:
女性
職業:
フラメンコ歌手・詩人・写真家
自己紹介:
現在は音楽活動(フラメンコ歌手)がメインとなっておりますが、ライフワークである横浜の写真撮影は続けています。デジタルテクノロジー全般に弱い為、自家カラープリントで苦労しまくりの永遠の34歳。

P R

忍者カウンター