忍者ブログ

帰ってきちゃったモモンガ通信

写真家のどかアンジェリカの「工房 エゾモモンガ」ウェブサイトで連載されていたあのコーナーがまさかの復活!デジタル化の波に乗り遅れた旧世代写真家の試行錯誤は今日も続くのであります。

RAWで撮る、ということ

デジタルカメラでの写真活動を開始したわけですが、RAWデータで撮ることに決めています。しかし私は正直に言うとRAWデータなるものが何なのか、いまいち理解してはいないのだった。

これまでデジタルカメラではJPEGで撮るのが当たり前でした。っていうか、デジカメはそういうモン=撮影とともにJPEGを生成する装置だと思っていたのです。

デジタルカメラはダイナミックレンジが狭く、それはラチチュードの狭いリバーサルフィルムに似ていると感じていて、ざっくり言えば

「デジタルの撮影はリバーサルと作法が一緒」

という理解のもと、段階露出をしたりしながらより「マシ」なコマを選ぶ作業を重ねていた訳です。

「生データ」の意味をもつRAWファイルについていろいろ調べてゆくなかで、自分の感覚としては「RAWで撮るのはネガフィルムで撮るのに近いのかな」という理解に落ち着きました。われわれ暗室系の写真家は撮影そのものよりも、第二の撮影とでも呼ぶべき暗室作業に比重を置くわけです。そして色みを意図的に変化させたり覆い焼きをしたり焼き込みをしたりしながら、ネガから「どうプリントするか」ということに全力をそそぎつつ、渾身のプリントをしていたわけです。

レタッチ耐性のあるRAWデータはカラーバランスを好みのものに変更できると知って、ならば私もRAWで撮るべきだろう、と思ったのです。

もちろんJPEGデータをレタッチすることも可能ではありますが、レタッチ耐性という意味ではRAWデータのほうがすぐれているようですから、まずは実際に自分のカメラで試してみるよりほかにないと思っています。なーに、時間ならたっぷりある。

最終的に自分のイメージ通りの「画」を得られればよいわけで、RAW撮影はそのための第一歩なのだろうな、と想像しています。

まずは試してみよう。そうだ、それが一番。

拍手[0回]

PR

コメント

プロフィール

HN:
のどかアンジェリカ
Webサイト:
性別:
女性
職業:
フラメンコ歌手・詩人・写真家
自己紹介:
現在は音楽活動(フラメンコ歌手)がメインとなっておりますが、ライフワークである横浜の写真撮影は続けています。デジタルテクノロジー全般に弱い為、自家カラープリントで苦労しまくりの永遠の34歳。

P R

忍者カウンター